会社概要

企業概要

商 号 水戸屋開発株式会社
開 業 寛永年間(1630年代)
資本金 41,410千円
代表者

代表取締役社長 山尾直嗣

事業内容 旅館業
従業員 220名
主要取引先 七十七銀行、日本政策投資銀行、商工中金、みずほ銀行
関連会社  
本社所在地 〒982-0241 仙台市太白区秋保町湯元字薬師102番地

寛永年間(1630年頃) 初代山尾兵衛門 秋保温泉の湯治場開業
1967年 木造2階建 客室21室(収容94名)で旅館営業
1969年 有限会社水戸屋旅館として法人登記
1974年 第1期増改築
1980年 第2期増改築
1985年 水戸屋開発株式会社へ社名変更
1989年 第4期改築(白梅亭)
1991年 茶寮宗園開業
1994年 アネックス館・バーデンプールオープン
1995年 第5期増改築
1998年 第6期改築(白梅亭)
2007年 第7期改築(大浴場・温泉貸切風呂・半露天風呂付客室)

経営理念

  1. 1.ホテルニュー水戸屋は、その事業を通じて、地域社会及び日本文化の進展と発展に貢献するものとする。
  2. 1.ホテルニュー水戸屋は、社長以下全員のゆるぎない共同体であり、日々の精進をもって、その生活の向上をはかり、共に社業の発展を期するものとする。
  3. 1.ホテルニュー水戸屋は、お客様の満足した笑顔に最大の喜びを得、常に創造性を絶やさず、前進を続けるものとする

ホテルニュー水戸屋 六つの誓い

  1. ホテルニュー水戸屋は、美しい日本の文化を愛します。
  2. ホテルニュー水戸屋は、ふるさと秋保温泉を愛します。
  3. ホテルニュー水戸屋は、お客様すべてを愛します。
  4. ホテルニュー水戸屋は、暖かいふれあいを愛します。
  5. ホテルニュー水戸屋は、人生の一日一日を愛します。
  6. ホテルニュー水戸屋は、私たち自身の商品を愛します。

ホテルニュー水戸屋 シンボルマーク

logo

3枚の花弁の意味は
ホテルニュー水戸屋の経営理念「進歩と発展」「生活の向上」「創造性」の三つのポイント。更に私たちのまごころサービス「笑顔」「感謝」「満足」を意味します。これらの三つの理念と、三つのサービスの心を2本の足でしっかりと支えている姿をあらわしています。

花弁の背にある輪の意味は
全社員の持つ「和・輪」の精神、ホテルニュー水戸屋がゆるぎない一つの共同体であるという意識のあらわれを意味します。
全体としてホテルニュー水戸屋を象徴する梅の花を背にして、可能性を意味する朝日が昇る姿を意味します。全体的に「共同体」「力」「可能性」が印象づけられます。

事業内容

旅館経営 ホテルニュー水戸屋、ホテルニュー水戸屋アネックス、茶寮宗園

採用案内

新卒、アルバイト

電話にて承っております。
TEL:022-398-2304  水戸屋開発(株)  総務部人事採用係(小野)

※水戸屋開発㈱ 次世代育成支援行動計画

ご予約・お問合せはお気軽にどうぞ。お電話でのご予約・お問合せ(8時~20時) 022-398-2301

団体様専用 お問合せ・お見積り

宿泊プランご予約

宿泊プラン検索

チェックイン日

プランから検索 お部屋から選ぶ

ホテルニュー水戸屋プラン一覧

団体様専用 お見積・お問い合わせ

日帰りプランのご案内

お電話でのご予約・お問合せ 022-398-2301

はじめていらっしゃる方へ ホテルニュー水戸屋5つの特長

ご滞在中の過ごし方

水戸屋うめくらぶ

貸会議室のご案内

ペットと泊まれる客室のご案内

ペットホテル

エステのご案内

パンフレットのご紹介

ホテルニュー水戸屋 アネックス

茶寮宗園

旅色に紹介されました

ページの先頭へ戻る